ことばは光  著作 辻 慶樹

ことば=言魂(ことだま)ことばには力がある
プラスのエネルギーを生かし一人でも多くの人に”元気と癒し”
を与えられないかと可能な限り自分のことばを創りあるがままの字で書く

大阪弁の持つ温もりは優しさが
多くの人々の心を揺さぶり
時には涙し 時には心が癒され 時には元気が出る

という声を聞く度にもっと沢山の人々に届けたいとブログを立ち上げました

一人でも多くの人々に”元気&癒し”が届きますことを心より願っております

2007年02月28日

中山靖雄先生と又々会いました。

広島から△□○夫妻他知人も来てくれましたが、「お伊勢参り」の後、「神代餅」を買いに来られたり「ぜんざい」を食べに立ち寄られた多くの人との出会いがあり、直筆作品も十点以上書かせて頂きました。
 一人でも多くの方が、作品を通して元氣になられる事に心から嬉しく喜びを感じています。
 是非!!「お伊勢参り」におこしやす!!
 今回も、早朝参詣に行ったのですが、内宮さんの鳥居の前で、再び中山靖雄先生ご夫妻とバッタリ出会い、中山先生を見つけて声を掛けてきた(面識がある様子)若い女性二人も一緒に記念撮影。
 その後、若い二人も展示会場に来てくれて長い時間作品とふれてくれました。ここでも、作品を前に記念撮影、聞くと、今年の4月から高校の英語教師として始めて勤めるとの事で初々しい二人でしたが、アンケートには「少し、自信がなく・・・」と、選んだハガキは「つらい時は 思いっきり泣いても ええやんか」でした。
 でも、話をしていると、とっても明るく素晴しい女性だったので、何とか乗り切ってくれるものと、心から祈っています。
posted by 慶樹 at 08:53| Comment(50) | TrackBack(5) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月22日

白血病で入退院を繰り返しの知人

その友人からメール。
 「・・・・(中略)Kちゃんは相変らず調子が行きと戻りつなんです。・・・でもKちゃんは明るく振舞ってくれるので・・・・」と病気をした人もその周りの人も大変であるが、くよくよ考えていても何もならないから、Kちゃんのように明るくしていた方がいい。
 
「病気はイヤやけど 学んだ事はいっぱいある」
 「体が病んでいても 心が健康やったら ええやんか」
 「信じて 任せて 夢ある人生」


 お医者さんに任し、自分の運命に任し・・・明るく振舞うKちゃんの顔晴りに敬服すると共に、心から回復を祈っています。
posted by 慶樹 at 07:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月03日

先生から嬉しい手紙が届きました。

 19日の日記に書いた小学4年生の子どもさんの件、

 ーーーー「慶樹先生と友達になったよ」と○○君の笑顔いっぱい     の姿に、私も嬉しくなりました。早速頂いた

「ことばは命」の歌を(CD&楽譜プレゼント)、クラスのみんな     と一緒に聞かせて頂きました。みんな元氣に歌いましたヨ!・・・(中略)・・・これからも、「ことばは命」のことばと歌を生徒と一緒に活用していきたいと思っています。・・・・・又、宝物が増えました。ありがとうございます。

 こんな感性豊かで素敵な先生に恵まれたお子さんは幸せですネ!!

  勉強も大切やけど、子どもに笑顔を感じさせる先生、人間として大切な感性を育ててくれる先生に心からエールを贈ります。

  又、広島の知人から「・・・(中略)・・・3月1日で古稀になります。又、辻さんの色紙(「ことばは命」の中から十数点選び色紙に書いて額装したものを数十人?(息子さんに社長を譲り 退任された時の祝賀会では135点寄贈)には贈られる予定。

  色々な節目に、活用して頂けてほんまに嬉しい事です。
  まさに、「ことばは命」であり、「ことばは光」であり、「ことばは愛」である事をつくづく感じています。
  明日から、伊勢神宮内宮前で3月31日まで展示します。
posted by 慶樹 at 02:35| Comment(0) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月30日

ダウン症お子さんのお母さんからメール

 昨年の展示会場で出会った女性からメール。

 「ダウン症の子どもと、是非!明石の常設コーナーに行き、お会いしたいのですが・・・」との内容で、是非!来て下さいと返信しました。
(伊勢での個展の事も案内)

  すると、「2/1〜3/31までの伊勢神宮内宮前での展示会場に、
是非!伊勢参りを兼ねて子どもと行きたい」とのこと、 
嬉しい事で再会が楽しみです。

  読者の中にもダウン症のお子さんを持たれた方がおられ、何度 かお会いし家族ぐるみで交流しています。
  昨年末の岡山での個展の時にも、一緒に食事会をやりました。
 ダウン症の娘さんが私のそばに懐いて来てくれたのを見て、
お母さんが、ご主人に「あなた見て、○○が辻さんに懐いてる・・・」と、ビックリし喜んでおられました。

  永年、障害者関係のボランティアをさせて頂いている事もあり、自然体で接する事が出来るようになったせいでしょうか。

  他の子どもたちも、何故か、「辻さん・・・」と気さくに話かけてくれています。
  いつまでも、子ども心を持った大人でありたいと願っています。よろしく!!
posted by 慶樹 at 07:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月26日

奈良県の中学の先生から感動のFAX

ほんまに嬉しい事です。

 「知人から頂いた「ことばは光」カレンダーを見て、えっ!と心から感動しました。

短いことばの中に心が揺さぶられるものがあり、是非!この感動を生徒達にも・・・分けてあげたい・・・」との内容でした。

 

posted by 慶樹 at 05:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。