ことばは光  著作 辻 慶樹

ことば=言魂(ことだま)ことばには力がある
プラスのエネルギーを生かし一人でも多くの人に”元気と癒し”
を与えられないかと可能な限り自分のことばを創りあるがままの字で書く

大阪弁の持つ温もりは優しさが
多くの人々の心を揺さぶり
時には涙し 時には心が癒され 時には元気が出る

という声を聞く度にもっと沢山の人々に届けたいとブログを立ち上げました

一人でも多くの人々に”元気&癒し”が届きますことを心より願っております

2006年09月19日

96才マラソンランナーが会場に!!

9日(土)PM4過ぎ「辻さーん!」と元気に会場(丸善OCATギャラリーで、9/6〜12展示し、土日のみ常駐)に、突然現れた96才で現役のフルマラソンランナー、それだけでもビックリなのに、<千字文>を見事な毛筆で書いてプレゼントして頂いた。
 その字の見事さは、下手な(書道でない)字を提唱している小生には到底書けない。
 半紙に「知行合一」と小生の「自分から動こう 道は必ず 開かれる」を書いて、会場の作品「知っていても やらんかったら 何もならへん」と通ずるとのご高説も頂き、みんな心から感動しました。又、会場に居た数人も、96才で尚「未だ練習の身ながら・・・」と見事な<千字文>に感動するやら呆気に取られてしまった。
 他にも仏画家の先生や沢山の人が会場に来てくれた。
 ありがたいことです。
 
 では又、                      感謝。
posted by 慶樹 at 04:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。