ことばは光  著作 辻 慶樹

ことば=言魂(ことだま)ことばには力がある
プラスのエネルギーを生かし一人でも多くの人に”元気と癒し”
を与えられないかと可能な限り自分のことばを創りあるがままの字で書く

大阪弁の持つ温もりは優しさが
多くの人々の心を揺さぶり
時には涙し 時には心が癒され 時には元気が出る

という声を聞く度にもっと沢山の人々に届けたいとブログを立ち上げました

一人でも多くの人々に”元気&癒し”が届きますことを心より願っております

2006年11月30日

ありがたいことです

ありがたいことです。
 おかげさまで、2007年「ことばは光」カレンダーも完売、   
早くも2008年「ことばは愛」カレンダーが既に企画され、校正段階に入っています。
  あなたのそのひとことで元氣になり
  あなたのそのひとことで心が癒され・・・
  ある人の本の中に、
  「頂上には何も無いけど、下には魚も花も色々ある」
  今の学校の問題も、先生も校長先生も教育委員会も、みんな上
 ばかり見ていて、生徒に目が行ってないのが問題だ。
  我々の頃は、先生が我々の方に目を向けてくれていた様に思う。
  その証拠に、この間は、中学1年のクラスの同窓会をやった。
  我々は何度か参加しているが、中には50年振り?という者もいて大いに旧交を温めた。
  先生が大学を出て最初にクラスを持ったという縁で、卒業後、 数回同窓会を開いているし、山口に行った時には、先生を呼び出 し一献傾けたこともあるし、次回の同窓会は、大分県の同級生の 案内で大分へ船で行く事になっている。
  果たして、今の先生と生徒の関係はどんなのかなぁ?
  勉強も大切だが、人間的なつながりも考えてほしいものです。
  皆さんはいかがですか??
posted by 慶樹 at 02:26| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
本当の自分探しが出来ると思います。これからも応援して行きますからはね!
Posted by 高坂久美子 at 2007年01月16日 14:10
コメントありがとうございます。
 ブログはまだまだ稼動していませんが、一歩一歩!顔晴りますのでよろしく!!
 2/1〜3/31まで、伊勢神宮内宮前の老舗・勢乃国屋茶店ギャラリーで「ことば&書のふれあい展」開催します。
 では又、              感謝。
Posted by 慶樹 at 2007年01月17日 15:37
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。