ことばは光  著作 辻 慶樹

ことば=言魂(ことだま)ことばには力がある
プラスのエネルギーを生かし一人でも多くの人に”元気と癒し”
を与えられないかと可能な限り自分のことばを創りあるがままの字で書く

大阪弁の持つ温もりは優しさが
多くの人々の心を揺さぶり
時には涙し 時には心が癒され 時には元気が出る

という声を聞く度にもっと沢山の人々に届けたいとブログを立ち上げました

一人でも多くの人々に”元気&癒し”が届きますことを心より願っております

2006年05月31日

嬉しいビックリ!!!

 
先日、知人の同剤薬局を訪ねたところ先約がおられ待つ事になって、時間つぶしにと置いてあった雑誌を何冊か読んでいた。
 そして、たまたま手にした雑誌に旧知の大野勝彦さん(45歳の時に農機具に両腕を巻き込まれ、両手切断、義手を余儀なくされたが、不屈の精神で詩画にチャレンジ、今では全国各地での指導&講演で大活躍中)の記事があったので読んでいたところ、ふと目に入ってきた写真の義手に、なっ、何と、小生の

「一日一回 大笑い」シールが貼られていたのです。
 ほんまにビックリ!!
 多分?親しくさせてもらっている日本笑い学会副会長で産婦人科医の昇幹夫先生が渡されたのだと推測される(昇先生は全国各地でPRして下さっているから)が、ほんまにビックリするやら嬉しい!!
 早速、大野勝彦さんと昇幹夫さんに、お礼の手紙を出したいと思っています。ありがとうございます。          感謝。


gisoku.jpg
posted by 慶樹 at 14:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月27日

宛名の無いハガキが届いた!?

 八ヶ岳に別荘を持っている友人からハガキが届いた。
  ふと見ると、当方の住所も名前もなく白紙で、正しい郵便番号 は記載されていた。
  <長野県海ノ口>の郵便局の消印はあるので、間違いなく明石
 郵便局が我が家に届けてくれたのだ!!
  ??????
  どうして、我が家に届いたのだろうか?まさに、ミステリーで ある。674−0094の郵便物など、何百否何千通とあるだろ うに、どうしてわかったのだろうか???
  みなさん、推理して下さいネ!!
  40年程前、学校を出て会社に入った最初の正月に、大分県出 身の同僚が突然、奈良の我が家に来た。
  天理駅に降りたが家もわからず、「タクシーに乗って、辻君の 家へと言ったら着いたヨ!」と言う。これは、たまたまタクシー の運転手が、我が家の知り合いだったのだろう?)
  今回のミステリー、どう思いますか?
  会社で、その話をしたら、「そのハガキ、大事にとっておいた 方がいいのでは?」とのアドバイスがあった。
  生前、司馬遼太郎さんから直筆の返信ハガキが来たが、どこか
 にあると思うが、大事に保管しなければと改めて思った次第。
  みなさん、ミステリーの推理をお願いします。
posted by 慶樹 at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月24日

天理中学1年生クラスの同窓会。

1956年4月に、大学を出て始めてのクラスを持った先生の要 望もあり、既に数回同窓会をしている。
(当時12〜3歳といし て、教師は21〜22歳?と約10歳の年齢差で、還暦を過ぎた 今では教師よりも老けた感じの生徒もいるからおもしろい)

  又、私立という事や諸般の事情で、天理市出身者より他都道府 県からの生徒が多く、他の同窓会とは一味違った楽しさがある。
教師は山口県からやってくる。
通常なら、3年生のクラスだが、こちらはお呼びがない。
27日(土)の参加者は約20名との事である。
そこで、当時のクラスメートの名前をどれだけ覚えているか、
電車の中で思い出してみた。
  男性はほぼ全員の27名、女性は旧姓ながら18名が思い出さ れたが、あとの約7〜8名は出て来ない。
  でも、よく思い出されたものだと思う。
  中には、他のクラスの人もいるかもわからないが、まぁ、間違 いないだろう。再会が楽しみだ。
  因みに、小生は前回同様、制服?とも言うべき作務衣と草履で 行く。50年前のクラスだが、同窓会も数回しているし、三々五々会ってもいるから、普段着が一番だと思っている。

  みなさまの同窓会はいかがですか?
posted by 慶樹 at 23:16| Comment(1) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月12日

<慶樹の郷>はイヤシロ地!!

 国道から入る道には赤い鳥居があり、200m程行くと候補地に 着く。日本最古の官道・山辺の道から十メートル。その先には、
 由緒ある神社の森。
  まさに、イヤシロ地であった!!
  現在は田畑である。民家は数百メートル先にある。
 JRの駅からは約20分?バス停からは数分?の好立地である。
  「大和は国のまほろば...」
  まさに、四方が山に囲まれ景色は抜群!!
  緑に囲まれ、久しぶりに英気を養った。
  「夢こそが 人生である」
  一歩一歩!実現めざしていきたい!!
posted by 慶樹 at 11:50| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月24日

毎日新聞「ほっと兵庫」での出会い!!

毎日新聞「ほっと兵庫」での出会い!!
 プレゼント企画に応募されて、「ことばは命」をゲットされた方 からの嬉しいmi xi参加の呼びかけありました。
 「小さな縁 活かせば 幸せ すぐそこに」

 ☆春風さん、是非!!ご住所、連絡先を教えて下さい!!
  Eーmail/keijukotobasho@ybb.ne.jp
  FAX/078−943ー9625
      
  色々と資料を、直筆で送付致したくよろしくお願いします。
   (6月には、姫路でイベントに参加します。)                                 感謝。
 
                  明石市   辻 慶樹
posted by 慶樹 at 11:03| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月10日

不思議な出会い!!

4月8日に、展示中のギャラリー・喫茶「あいうゑむ」で常駐。
 会場が須磨という事で、盲導犬協会の理事長から紹介されていたO氏に朝、お時間あれば是非!おこしやす!!とFAXを入れておいた。
 近くの友人・知人が入れ替わり来てくれ、お店の常連さんも沢山来られた。
 PM5頃、あと1時間という所で、須磨寺公園で花見をした帰りに数人が入って来た。ほとんどが旧知の友人だったのでビックリした。そんな中に、「Oです」と見知らぬ顔があった。咄嗟に朝FAXを入れたOさんどとわかって二度ビックリ。
 さらに、旧知の友人達とは20年来の仲間という事もわかり三度目のビックリ.....。
 まさかまさかの出会いであった。
 「小さな縁 活かせば 幸せすぐそこに」
 さて、みなさんの不思議な出会いも聴きたいものですネ!!感謝
posted by 慶樹 at 16:15| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月22日

吉野の道の駅で展示の話

吉野の道の駅で展示の話
昨日は天理へ墓参、その足で吉野の金峯山寺へも足を延ばしました。
 途中、道の駅に寄り、木製品コーナーで<桐の板>を購入(以前にも購入し、作品としてプレゼントしていますが、紙とは違った風合いが受けています。)、お店の人と話をしながら、こんな所で展示したいと話をしたら、「是非!一緒にやりましょう!!」と話が進み、ゴールデンウィークの何日間(5月3日、4日、5日の2日間位の予定)に展示する事になった次第。
 お店の人は、地元の方でこの場所をよく活用しておられる吉野絵作家とNC・レーザー彫刻をする人達で、材料の板は先方が手配、その板に<ことば&書>を書いて販売する予定です。
 色々な出会いがあります。
posted by 慶樹 at 20:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月20日

おかげさまで大盛況!!感謝。

おかげさまで大盛況!!感謝。
一心寺南会所ギャラリーでの「ことば&書のふれあい展」は、大盛況でした。
 知合いの和紙問屋の若大将の推薦で買った伊勢紙(海草を入れて漉いたもの)と頂いた漆紙で表装(ニュー表具にチャレンジしている若手表具師の創作)作品は、広い会場と一心寺にピッタリで最高でした。
 色々な人が支えてくれました。
 18日AM8からの作品の展示作業に親しい画商と表具師が全面的に協力してくれ見事に展示出来ました。
 又、大きい額は、ギャラリーGOROと額の部材メーカーから無償提供されました。
 応対のボランティアは、永年「うつ症」で買物も料理も出来なかったという主婦が、2年前の小生の作品と触れ、見事に回復され今回も終日、来館者の応対からお買い上げの金銭管理まで見事にやってくれました。
 最終日も、明石から親しい大工さんが撤去作業と作品の搬送を手伝ってくれたり、ほんまにありがたいことです
 知り合いも沢山来てくれました。
 たまたま、一心寺に参詣して初めて、作品を見たという方々も、2日間で延べ数百人(全員に、お好きなオリジナルハガキ1枚プレ
ゼントさせて頂きました。)もの方々にも喜んで頂けました。
 たまたま、来館され直筆作品(額入り)を購入された方も何人かおられ、「ことばは命」は約60冊近く売れました。ありがたいことです。
 盲導犬と「平美樹さんを励ます会(仮称)」の募金箱のも、千円札が何枚か入っていました。嬉しい事です。
 作品に、涙されるご婦人も沢山おられました。皆それぞれ、悩みや葛藤があるようで、<元氣&癒し>が届けられたようでほんまに嬉しい事です。                    感謝。
posted by 慶樹 at 20:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月13日

若手表具屋さん等の協力で、大作品制作!!

<ニュー表具>を目指している若手の表具屋とのコラボレーションで、

3月18日(土)、19日(日)に開催予定の一心寺南会所での「ことば&書のふれあい展」の作品を制作しました。

 今までは、会場の都合や諸事情で余り大きい作品は制作しなかったのですが、今回は大作品にチャレンジしました。

 紙も、紙問屋の若大将の推薦の海草の入った伊勢紙と無償提供してくれた<漆塗りの紙>

岡山県勝山市の<雛まつり>で出会った草木染めの<べんがら紙>等も使用し

ことばも新しいことばや、脳性マヒの少年が創った感動の詩(美術館に展示された詩を読んだ女子高生全員が涙流したという伝説の詩)の影の作者?

お母さんの詩を新素材の紙に書き展示します。

 他にも、小野ちゃんのウクライナのスライドや、海外での心臓移植手術に成功し1年経過の平美樹さんの写真等の展示も検討中です。

永年手伝っている盲導犬協会&平美樹さんが社会復帰するキッカケになればと、収益の一部はチャリティーとして寄付する予定です。

 <お彼岸の日>なので、心の洗濯も兼ねて是非!ご越し下さい。
 では、2日共会場にいますのでお待ちしています。
posted by 慶樹 at 16:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月12日

ウクライナー帰りの小野ちゃんと再会!!

ウクライナー帰りの小野ちゃんと再会!!
 「ことば&書のふれあい展」をキエフの「レストラン東京」で開催してくれた仕掛け人の小野ちゃんと再会しました。
 体重が何故か?大幅に減りアゴヒゲを蓄え、黒いコート&ハットという姿に1年前の豊満な姿が一変、逞しい姿であった。
 実は、3/18(土)AM11から、一心寺南会所での「ことば&書のふれあい展」会場で、ウクライナでの1年間の様子を映写して来館者に披露してくれる事になり、その打ち合わせと無事帰国の祝杯!をと会ったおのです。
 早速、二人の共通の友人・cocoさんも馳せ参じてくれ、楽しい楽しい宴になった次第、肝心の18日の打ち合わせはどこへやら?まぁ、何とかなるのでしょう!!
 会話の流れで、日本笑い学会の副会長で産婦人科医の昇幹夫先生、キエフでギターコンサートをされた桑田さんともcocoさんのはからいで電話が繋がり、旧交を温め再会を約束した。
 共通の仲間、友人は、ほんまにいいもので、話が弾みますネ!!
 因みに、初めてわかったのだが、小野ちゃんは我が息子と同じ年令だった。我が息子に比べると、何と大人なんだろうと感心した。
 これからもよろしく頼みます。            感謝。
posted by 慶樹 at 00:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月09日

一心寺での「ことば&書のふれあい展」

一心寺での「ことば&書のふれあい展」

 昨年秋の彼岸の日に、仏画家の久保田聖淳先生の教室の生徒さんの作品展があり一心寺南会所に行ったのですが、「辻さん、春のお彼岸の日にここでやりはったら...」と、その場で3月18日(土)、19日(日)の日程が決まりました。
 まだまだ先と思っていたら、早や10日前に迫ってきました。
 時の経つのは早いものです。
 今回は、会場も広くお彼岸の日で沢山の方が来られる事も予測されるので、

 1、テーマは「心展」
 2、大きい作品を制作−−−ニュー表具を目指す若手の協力を得た

 3、紙も、いつも使っているサーペーパー(タイの桑の木で出来たカラフルで粗い紙)

以外にも知人の縁で伊勢紙(海草が入っている)や漆の塗った紙、

そして、<お雛まつり>の勝山
   町の草木染めのお店で出会ったベンガラ色の和紙(草木染作者の推薦)等にも大きい作品を書き展示する予定です。
 4、盲導犬の他、海外での心臓移植に成功し1年、社会復帰に意欲を持つ「平美樹さんを励ます会(仮称)」
チャリティーを考えています。19日には美樹さんも来館予定。

ともかく、可能な限り、色々な出会いを楽しみにしています。
是非!みなさまも、おこしやす!!!
では、会場でお待ちしています。
(2日間共、AM10〜PM5位まで常駐予定)
posted by 慶樹 at 11:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

岡山の雛まつり、素晴しかった!!

岡山の雛まつり、素晴しかった!!
さすが、雛祭りという事もあり女性が90%で町は大賑わいでした。「ろまん亭」来館者先着100名様にオリジナルハガキをプレゼントのところ、400名様にプレゼントさせて頂きました。
 ごくごく数人が余り関心がないのか帰りの時間が忙しいのか、ハガキを選ぶのを拒否されましたが、99%以上の方が、「ほんまに、ただでもらえるの?」「どれにしようかなぁ?」と31枚のハガキから1枚選ぶのに苦慮されていました。ごく自然に、「ことばは命」も数十冊売れました。直筆の注文も数点ありましたし、時間をうまく工夫して<雛まつり 160軒>を見学しました。
草木染めの和紙も購入(勝山町は<暖簾の町>としても有名で、どのお店も草木染の素敵な暖簾がいっぱい、今度の一心寺での展示作品にと購入しました。草木染の作者とも名刺交換出来ました)したり、硯で有名で高田硯の筆置きを購入、お店の方とも親しく交流出来ました。
 宿は民宿、昔の田舎のわが家に帰った様で懐かしい感じでした。
 夕食後には、この機会を作ってくれた若い夫婦が焼酎の差し入れを持って宿を訪ねてくれPM10過ぎの門限まで話が弾みました。
 翌朝は、宿のおかみさんが朝食後、お茶を立ててくれたり、イベントで売る予定の巻き寿司2本をお土産にと親しく交流、ほんまにみんな昔のまんまの人情がいっぱいの2日間でした。
 やっぱり、旅はいいもんですネ!!
posted by 慶樹 at 11:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月01日

秋田からの友人と十年振りに会う!!

秋田からの友人と十年振りに会う!!

ユニセフ活動で知り合った秋田の友人から電話があり、「今日、大阪に泊まるので会いたい」という。

 小生は今日は個展の為、遠方で作品展示がありPM6位まではかかるので無理と言ったが、「遅くてもいいから...」という事で、大阪へUターンしPM8に再会を約束した。

 永年、貧しい白系ロシア地方にに<愛の米>を支援したりのボランテリアも独自でやっていたり、栄養いっぱい<玄米&もやしの粉>の開発もしていた。

 その後、どうしているかと気にはしつつもお互い多忙でご無沙汰していた。
 たまたま、インターネットでその彼が世界16ヶ国130種類の農業食品の中から金賞を受賞していた事を知り、久しぶりのコンタクトを取っていたもので、まさか、突然、大阪にやってくるとは??
 でも、やはり万障繰り合わせて再会したいものと、今日の予定をうまくこなし会いに行く事にした。会えば、十年間の空白もなく今までの交流が出来る筈だ!!

 この前も44年ぶりの再会をしたが、何のこだわりもなく話が弾んだし、いつも、どんな人ともフランクな付き合いを交わしているので、昔のまんま(=相手の言葉)なのだ!!

 会った内容は、後日の日記で報告しますので楽しみにして下さい。
posted by 慶樹 at 20:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

作品買った青年と会った。

作品買った青年と会った。

写真展のテーマ「絆」を書いてほしいと電話があった。

書道家ではないので、どんなイメージ(字体、色他)を求めているのか知りたく会う事にした。
たまたま、他の買い物で行った常設コーナーで、「自分から動こう 道は必ず開かれる」に感じて額入り作品を購入したという。

どうせなら、小生の字で写真展のテーマを書いてほしいらしい。
昨年10月に仕事中に誤って大ケガをして色々悩んでいたらしく、2時間近く、話を聴き引き受ける事になった。

 JR加古川駅構内のミニギャラリーで、3/27〜31迄展示。
 中々の好青年である。
 又、新しい出会いが出来た。
posted by 慶樹 at 20:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月28日

女性と男性の違いが歴然!!

女性と男性の違いが歴然!!

前日は女性ばかりで大変盛り上がった講演、翌日は某団体の総会の後の講演で全員男性だった。不況で総会も予定より30分以上延びた上、講演時間も当初より短く50分弱という中でスタートした。
 予想通り、余り笑わない、反応も少ない...、真剣には聴いておられるが、まるで能面?に近い。そんな中で、まぁ、何とか終了し懇親会に入った。
 乾杯!そして食事の後、いつもの様に、くじ引きが始まった。
(「ことばは命」、元氣ポスター、ハガキ、直筆作品を目の前で書きプレゼント等々全員に当る。)
 すると、お酒が入っている事もあり、少しは仕事から離れリラックスした状態も手伝い、あの能面?の様な男性陣が大変身!!笑いあり、名刺交換ありとふれあいが始まった。すると、30数名の参加者ながら、次から次へと、「ことばは命」は50冊以上売れた。
 ほんまは感性豊かな人々やったんや!!
 改めて、男性陣の素顔と感性に心打たれた。
 <仕事人間>の間は、どうしても自分が出せないらしい。
 だが、本当はみんな感性豊かないいお父さんばかりだった。
 ほんまにありがとう!!
posted by 慶樹 at 20:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

44年振りに同級生と再会

44年振りに同級生と再会

昨日、大和郡山市で講演をした。

依頼主は同級生の奥さん、というのも、わが女房が姉の紹介で出た会合で会い、名刺の住所が大和郡山市だったので、うちの主人の学校はK高校だったと話をしたら、「何年生まれ?」と聞かれ年代を言うと「うちの主人も同じ年代で、K高校出身ですヨ!」と話が展開、女房からその旨メールが入り、知ってるかと聞くから、よう知っているよ、同じクラスやったから...と返信したら、その場に居たみんなが歓声をあげたらしい。

 そして、講演する事になったもので44年振りの再会を果たしたが、その時間的空間が全く無かったかの様に、昔の同級生時代に戻り旧交を温めた。世の中、何があるかわからない。どんな出会いも大切にしたいものであると改めて痛感した。
posted by 慶樹 at 20:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月18日

岡山県に行って来ました

先日、赤穂市で講演があり、その足で真庭市勝浦町の食事処  「ろまん亭」に下見を兼ねて行ってきました。

  お母さんとは初対面ながら意気投合、早速、作品を店内に展示 して頂き、3月3日からの「雛まつり」を前に、盛り上げて頂き ました。マスコミにも働きかけて下さるようです。
  「ことばは命」他も店内で販売して頂けるようでありがたいこ とです。
  小生は3日、4日は会場で書のパフォーマンス等を予定してい ますので、是非!お近くの方はご来店頂ければ嬉しいですネ!!

  ☆食事処「ろまん亭」は、JR中国勝山駅からスグの旧家が並ぶ高台にあります。0867-44-2345
posted by 慶樹 at 20:42| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月14日

�これも縁、お雛さまが軒先に160軒

岡山の道の駅、黒井山「ゆうゆう交流館」で昨年11月に展示したのですが、その時、たまたま来館された若いご夫婦から手紙が来て、

「実家が勝山町で、毎年3月3日の雛まつりの期間に、160軒以上のお雛さまが飾られる祭りがあり、結構有名で沢山の方が観光に来られます。是非!辻さんの作品を展示&販売、書のパフォーマンスをして下さい。私たちも、期間中は実家(「ろまん亭」という軽食やぜんざい、お弁当のお店)を手伝います。母も辻さんのことば&書のファンですので...」

との内容です。

 ハイッ!喜んで!と女房と泊りがけで馳せ参じる段取りが、昨夜、お母さんとまとまり行く予定です。

 何事も縁、ありがたいことです。
 どんな出会いがあるのか楽しみにしています。
 「小さな縁 活かせば 幸せ すぐそこに」      感謝。
posted by 慶樹 at 17:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月13日

人から人へ…又ひとへ

ほんまにありがたいことです。
 マイペースですが、おかげさまで個展
(喫茶店の壁面を使わせて頂いているものも)が早くも6ヶ所で開催。
 今、展示している北浜のコーヒーの美味しい喫茶
「ジャンティ」
でも、広島から出張で来られた方が、店内の作品に共鳴され、カレンダー10部注文、既に完売、然も2月に入っているのにありがたいことです。何とか、知人の在庫のカレンダーをかき集めて今日発送しました。
 又、「父の日」(6月18日)の催事(1〜2週間)に、小生の作品の展示&販売、そして、書のパフォーマンスをとの要請が地方の百貨店から入る等、全ては友人・知人・読者が広めて下さっているおかげです。ほんまにありがたいことです。
 3月18日(土)、19(日)AM10〜PM5迄、大阪市天王寺区の有名なお寺・一心寺の南会所(広いスペース)で個展を開催しますが、著名な仏画家の先生の推薦で超ごった返すお彼岸の日になり、結構、お参りを兼ねてお越し頂ける方が多く、ありがたいことです。
 2日共、会場に居ますので是非!お越し頂ければ幸いです。
 みんなで、<元氣&癒し>の輪を広めませんか!!
13.jpg
posted by 慶樹 at 15:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月09日

はじめに

はじめに

「ことば=言魂(ことだま)」と考え、プラスのことばを使った短文を創り、独特の筆文字で何ともあったかいと好評、書展も30回を超えている。著書「ことばは命」は自費出版ながら20,000冊突破!
<元氣&癒し>の輪を広めている。

 1月にはアスク出版社から第2作「ことばは光」が全国書店に並んでいます。

「ことば&書のふれあい」を大切にしていますので、個展や作 品の紹介をしたいと思っていますが、可能な限り、ブログでのやりとりは勿論のこと、個展会場でお会いするとか直筆でお手紙を 出させて頂くとかの交流も夢みています 。

  現在、常設コーナーは、
  1、インテリアショップ「辻商」(明石)
  2、浪漫珈琲倶楽部「神戸館」(明石)
  3、百年家具・牧本木工所ギャラリー(神戸市西区)
  期間限定の展示は、
  4、喫茶「ジャンティ」(大阪市北浜)1/27〜2/25
  5、喫茶「テンプル」(明石市魚の棚商店街内)
                    2/27〜4/1
  6、ケアハウス稲美「万葉の郷」(兵庫県加古郡)
                    3/4〜3/25
  7、豊中市立中央公民館(豊中市曽根)3/11〜3/16
  8、一心寺南会所ギャラリー(大阪市天王寺区)
                    3/18〜19
                    (2日間常駐)
  9、喫茶「あいうゑむ」(神戸市須磨区)4/1〜4/14
 以上が予定されています。
  是非!お近くの方はお立ち寄り頂ければ幸いです。
   時間が許す限り、早い目の連絡がありましたら、会場へ行き
 お会いしたいものです。
  では、よろしく!!                感謝。


sensei.jpg
posted by 慶樹 at 02:19| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。