ことばは光  著作 辻 慶樹

ことば=言魂(ことだま)ことばには力がある
プラスのエネルギーを生かし一人でも多くの人に”元気と癒し”
を与えられないかと可能な限り自分のことばを創りあるがままの字で書く

大阪弁の持つ温もりは優しさが
多くの人々の心を揺さぶり
時には涙し 時には心が癒され 時には元気が出る

という声を聞く度にもっと沢山の人々に届けたいとブログを立ち上げました

一人でも多くの人々に”元気&癒し”が届きますことを心より願っております

2007年01月20日

嬉しい電話がありました。

 小学校4年生の子どもさんのお母さまからです。
 「子どもが先生から、<ことばは命>を借りて読んだところ、書 &ことばに大変感動したようです。そこで、本を購入したいので す。又、書を習う事が出来るのでしょうか?個展はど?・・・」 という内容でした。
  聞くと、習字を習っているし、詩を創るのが好きな様子で、小学生のような字で詩を書きたいらしいのです。
  ほんまに、嬉しい話です。
  結構近く(加古川)の方なので、近日中に、常設コーナー(明 石)でお会いする事にしました。
  後日談を楽しみにして下さい。
  昨年も、埼玉の女性から手紙が来て「・・・(中略)私も22 才になりました。来年結婚します」との内容、縁あって小学校5
 年生の時から文通していた子で、当時、不登校児でややうつ症気 味でしたが、小生のプレゼントした<自分から動こう 道は必ず 開かれる>を部屋に飾り、いつも顔晴ってくれていた様子です。
  「ことばは命」も、いつも読んでくれていたとの話。
  ほんまに嬉しい事です。
  みなさまの体験をお聞かせ下さいネ!!
posted by 慶樹 at 03:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月30日

ありがたいことです

ありがたいことです。
 おかげさまで、2007年「ことばは光」カレンダーも完売、   
早くも2008年「ことばは愛」カレンダーが既に企画され、校正段階に入っています。
  あなたのそのひとことで元氣になり
  あなたのそのひとことで心が癒され・・・
  ある人の本の中に、
  「頂上には何も無いけど、下には魚も花も色々ある」
  今の学校の問題も、先生も校長先生も教育委員会も、みんな上
 ばかり見ていて、生徒に目が行ってないのが問題だ。
  我々の頃は、先生が我々の方に目を向けてくれていた様に思う。
  その証拠に、この間は、中学1年のクラスの同窓会をやった。
  我々は何度か参加しているが、中には50年振り?という者もいて大いに旧交を温めた。
  先生が大学を出て最初にクラスを持ったという縁で、卒業後、 数回同窓会を開いているし、山口に行った時には、先生を呼び出 し一献傾けたこともあるし、次回の同窓会は、大分県の同級生の 案内で大分へ船で行く事になっている。
  果たして、今の先生と生徒の関係はどんなのかなぁ?
  勉強も大切だが、人間的なつながりも考えてほしいものです。
  皆さんはいかがですか??
posted by 慶樹 at 02:26| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月04日

2003年の新聞が縁でFAX!

 2003年12月21日付、読売新聞「泉」欄に掲載された小生の記事

(「ことばは命」に紹介記事、この記事で700通のFAXが届いた)を保管されていた男性からFAXが届きました。

 「15年前に自転車で転倒し車椅子生活をしています。(中略)

 現在、65歳になり何とか元気にやっています。実は、永年通院 しリハビリをしていた病院が、新しく病院を建てられました前よりも大きく喜んでいます。そこで、何か恩返しが出来ないかと、この記事を見て、色紙の5点書いて頂きたいと・・・」

  早速、電話を入れた。

  ご本人は、「ないものを嘆くより あるものに心から感謝したい」がお気に入りとのこと、このことばのキッカケとなった世界で唯一の片腕のプロゴルファーの話などさせて頂いた。

  聞くと、新聞は大切に保管されていたのだが、肝心の「ことばは命」は入手されていないとの事で、すぐにメール便でプレゼントした。
  こんな形で、お役に立てている事に、心から嬉しく思っています。

  どんなことば(ご本人が5点選ばれる予定)が、新しい病院の
 一角を飾ってくれるのか、ありがたい話です。

  では、後日談をお楽しみに・・・。         感謝。
posted by 慶樹 at 04:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月28日

第24回額縁絵画フェアは大盛況!!

N社のブースで、新企画(それまでは、部品メーカーだったが、額制作し、小生の作品を入れ販売)もあり、2日間会場に居た。

 どうせならと、1,000枚のハガキをプレゼント(オリジナルはがき31種類の一枚一枚に、メーカーの部長の名刺を透明袋に入れプレゼント)した。

 因みに、参加企業は30社以上、2,000人以上の小売店や関係者が来られた。(一般客は入れない)

 結果は大成功!!(その後の反響が多かったという)

 昨年の3倍のブースを確保し、社運?を賭けての新企画戦略だったが、ナ・何と、前年比700%との売上で圧勝だったという。

 お役に立てて、ほんまに嬉しい!!

 そんなこんなで、作品制作や同時期に丸善OCATギャラリーでの個展や何やらで、バタバタしていたがありがたいことです。

 まもなく、全国の量販店や東急ハンズ、皆さまのお近くの額屋さんなどへも行き渡りますので、是非!ご覧頂ければ幸いです。

 価格もとってもリーズナブルで、大好評ですよ!!
 是非!見かけられたら連絡下さいネ!
 小品を差し上げますヨ!
 先着10名様です。
 見たお店、場所、写真(携帯メールでもOK、yoshikii.t@ezweb.ne.jp)があれば嬉しいですネ!!その内容(情報の確かさと感想など)によっては、それなりに素敵なプレゼントが届きますヨ!!ご期待下さい!! 
               感謝。
posted by 慶樹 at 18:50| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月19日

96才マラソンランナーが会場に!!

9日(土)PM4過ぎ「辻さーん!」と元気に会場(丸善OCATギャラリーで、9/6〜12展示し、土日のみ常駐)に、突然現れた96才で現役のフルマラソンランナー、それだけでもビックリなのに、<千字文>を見事な毛筆で書いてプレゼントして頂いた。
 その字の見事さは、下手な(書道でない)字を提唱している小生には到底書けない。
 半紙に「知行合一」と小生の「自分から動こう 道は必ず 開かれる」を書いて、会場の作品「知っていても やらんかったら 何もならへん」と通ずるとのご高説も頂き、みんな心から感動しました。又、会場に居た数人も、96才で尚「未だ練習の身ながら・・・」と見事な<千字文>に感動するやら呆気に取られてしまった。
 他にも仏画家の先生や沢山の人が会場に来てくれた。
 ありがたいことです。
 
 では又、                      感謝。
posted by 慶樹 at 04:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。