ことばは光  著作 辻 慶樹

ことば=言魂(ことだま)ことばには力がある
プラスのエネルギーを生かし一人でも多くの人に”元気と癒し”
を与えられないかと可能な限り自分のことばを創りあるがままの字で書く

大阪弁の持つ温もりは優しさが
多くの人々の心を揺さぶり
時には涙し 時には心が癒され 時には元気が出る

という声を聞く度にもっと沢山の人々に届けたいとブログを立ち上げました

一人でも多くの人々に”元気&癒し”が届きますことを心より願っております

2006年07月04日

親の介護で顔晴る友人に感動!!

和歌山の友人からメールが届いた。
   (弟夫婦宛のメールを参考まで送付したものらしい)

彼はかなり視力が悪く仕事に就けない状態という事もあり、永 年自宅で80才過ぎの母の介護をしている。

  昨年、縁あって彼の自宅でその母親と会い一緒に食事もし、歌も歌った事もあり、メールしてきたのだろう。

  ☆深夜の介護記録(腰が痛いからと湿布をした。熱がある、トイレに移れない、幻覚か大声を出し寝台の中をぐるぐる動き回る、AM2:35トイレを済ませ寝台に寝かせた。少し静かになったが、

1時間もしたら「痛い、痛い・・・」と云うので体位を変えると右股関節が痛いらしいさするが止まらない。この状態がAM5近くまで続いたが、少し治まったので寝た。

AM8:35に目が覚めたら便器のフタが開いていて床がびしょ濡れ・・・、ベッドも大洪水・・・。

  清拭、着替え、シーツ替え、後片付け、洗濯・・・と大変だったが、母はやっと寝息を立てて心地よい眠りに入りました。)
  以上。

 それにしても彼は母の介護を一人で看ている。心から敬意を表したい。

60才前の独身という事で、弟の理解(経済的協力)を得 ながら、力を合わせて母の介護をしているという。昨年夏に彼の自宅を訪問した時、その弟夫婦とも一緒に食事をしている。

高齢の親の介護はみんな大変だ。こんな事は、国が支援をしないとほんまに大変である。

  彼の親孝行があるからいいが、今の時代、果たしてどうなることやろうか??
  みなさんの、介護体験談は??
posted by 慶樹 at 00:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月24日

「菊池徹さんを偲ぶ会」

映画「南極物語」の高倉健扮する潮田隊員のモデル・菊池徹さんが4月に享年85才で亡くなった。
 30数年、カナダに住み、年2回程日本の各地で講演されていた。関西に来られる時は、ほとんどお世話させて頂いた関係で、親しくお付合いさせて頂いただけに、突然の訃報はビックリした。
 カナダでの告別式、東京での「お別れ会」もあったが、どちらも参加できず、関西の有志で「偲ぶ会」を開催した。
 西堀榮三郎「探検の殿堂」館長他滋賀、兵庫、奈良からも集まり、菊池先生との出会いやエピソードについてスピーチしてもらった。
 西宮出身で旧制北野中学から北海道大学へ、そして第一次南極越冬隊員として南極で犬ぞり担当。その後は、四人兄弟の長男にも関わらずカナダに永住という、常識の枠を飛び出した生き様に改めて驚いた。
 理学博士で理系ながら関西人独特のザックバランさから、どんな人にもやさしく接し全国にオーロラ会なる菊池徹ファンクラブのような組織が出来、毎年、全国行脚という素晴しい生き方をされた。
 小生の愚息が中学3年の時にも、単身カナダの先生宅へ滞在、その後の人生に自信と勇気を与えて頂いた。忙しい中、愚息の結婚式にも来て頂く等、気さくな人柄は大いに学びたい。
 今は亡き菊池徹さん、どうか安らかにお眠り下さい。  合掌。
posted by 慶樹 at 01:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月19日

MIXI仲間の春風さんとお会いしました。

「父の日」に姫路の山陽百貨店で「ことば&書のふれあい展」を17日(土)、18日(日)に開催。

 初日に笑顔満面の春風さんが近づいてこられ、スグにわかりました。ご多用の中、ほんまにありがたいことです。

これを機に、色々と交流したいものです。

さて、おかげさまで、先着300名様にオリジナルハガキを2日間共完配しました。(延べ600枚以上プレゼント!!)

 ハガキプレゼントを知り、「父の日」を改めて意識され、あわてて、このハガキ(父へのエールを込めて、<人生まだまだ これからや>を選ばれた人が多かった)をお父さんにプレゼントに添えますと喜んで頂けました。 

「お父さん ありがとう」の特製グラスやジョッキは結構人気がありました。
 ほとんどの方が、はじめて作品を見られた方でしたが、「ことばは命」も60冊近く売れ、中には前日買われ、

再び来館「息子の夫婦仲が少し気になるので、是非!この本を読んでもらいから・・・」と、もう一冊買っていかれたご婦人もあり、

お役に立ててありがたいことです。
posted by 慶樹 at 19:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月15日

「ザ・おおさか」の取材を受けました。

コサックさんありがとうございます!!
 NAGASAKI Vill,に次いで、今度は書工房 慶樹と
いう事で作品も含め掲載される予定です。
 1、いつから書を書くようになったのか?
 2、短文はどうして創らるのか?
 3、人との出会いについてのエピソードは?

  ・・・等々、約2時間近くの取材を受けましたヨ!!
 毎月28日発行ですから、まもなく配布されますので、大阪市内の方は是非!ご覧頂き、感想やコメントをお願いします。
 17、18日はいよいよ、山陽百貨店(姫路)での「父の日」催事で「ことば&書のふれあい展」開催。
 MIXI仲間も何人か来て頂けるようです。
 又、前回の日記の大野勝彦さんの義手に「一日一回 大笑い」シールの件、やはり昇幹夫先生でした。
 大いに「笑顔の輪」を広めて頂いて嬉しいかぎりです。
posted by 慶樹 at 17:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月08日

日本食は素晴しい!!

奈良県の天理にある実家(空家)の樹木が精一杯!枝を伸ばしている(近所の話)ので、今度の土曜日に切りに行きます。

 朝一番の電車で行き、兄弟の協力(というより、90%以上は普段から日曜大工等の経験がある二人がチェンソや色々な道具を駆使して作業してくれる。私はというと、切った枝を何箇所かに集積する役だ。黙々と枝を引っ張り作業するだけ。)を得て、年に何回か実施しているがあっと言う間に大きくなる。

 人間の成長に比べると圧倒的に凄ーい!!と呆れてしまう。
 そこで考える。

 人間もこの植物の凄いパワーを食べたらイキイキ成長していけるのでは?つまり、動物を食べるより植物を食べる方が理に叶っているかもしれないと、改めて<食生活>のあり方を考えさせられた次第。現代病の多くは、この西洋の食生活に起因しているとも言われ
ています。もう一度、日本食の良さを見直したいものです。
 みなさんは如何ですか??
posted by 慶樹 at 17:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。